吹田市 ビエラ岸辺健都 内科・消化器内科・内視鏡 健都はやしクリニックについて

ABOUTUS
健都はやしクリニックについて
健都はやしクリニックロゴマーク

北大阪健康医療都市-吹田市の「健都はやしクリニック」は
「国立循環器病研究センター」(2019年度開院予定)と「市立吹田市民病院」
地域の基幹病院と隣接する専門クリニックの集合体である「健都クリニックモール」で
みなさまの健康・予防医療のため「内科・消化器内科・内視鏡」における医療分野で
さまざまな取組をおこなってまいります。

また、スマートフォンなどを利用し、平日の日中に幾度も受診する時間を
とることが難しい「働く世代」もサポートできるよう努めてまいります。

北大阪健康医療都市 健都
greeting
ごあいさつ
院長 林 史郎の写真

はじめまして「健都はやしクリニック」院長の林史郎です。

平成30年11月19日、健都にクリニックを開院することになりました。

学生時代から、そして医師になってからも大半の時期を北摂エリアで過ごしてきましたので、とても感慨深く思っています。

これからは周囲の病院、地域のクリニックの先生方とも連携し、この地域全体に恩返しをしてまいりたいと思います。 診療内容につきましては、消化器内科、内視鏡を専門としておりますが一般的な内科も含めて、細やかな配慮のある診療を行いたいと思います。

そしてみなさまの健康を一緒に考えて解決していける存在になりたいと思います。

 健都は国の特定プロジェクトであり、国立循環器病研究センターや市立吹田市民病院、産学連携施設で医療が一つのエリアに集約しました。このエリアは大阪のみならず、日本においても注目を集めています。

<https://kento.osaka.jp>先進医療や新しい取り組みがうまれる、この健都で、患者様に近い存在として高度な医療と皆様とをつなぐことができる身近な存在になりたいと思います。

医師になってから最初の2年は整形外科を学び、3年目から色々な科をまわり、5年目から現在の消化器内科を専門として市立豊中病院で12年間勤務いたしました。

最後の約2年間は非常勤医師として市立豊中病院、市立吹田市民病院、箕面市民病院で勤務をしながら、並行し地域の診療所に勤務もしてまいりました。変わった経歴ではありますが、色々な科によって考えることが違うこと、大きな病院とクリニックでの考え方の違い、そして患者様との関係性も違う点にも気づくことができました。

「健都はやしクリニック」では消化器内科という専門的なことはもちろんですが、さまざまな方向から患者様を見つめることができるよう、これまでの経験を生かしてまいりたいと思います。

所属学会・資格

日本内科学会 総合内科専門医

消化器病学会 専門医

消化器内視鏡学会 指導医、専門医

膵臓学会、肝臓学会

2001 年 大阪大学医学部卒
2001 年 大阪大学医学部付属病院
2002 年 大阪労災病院
2003 年 京都第一赤十字病院
2005 年 市立豊中病院
2017 年

市立豊中病院、市立吹田市民病院

箕面市民病院 非常勤

2018年11月

健都はやしクリニック開院

現在に至る

著書・論文

Hayashi S, Higaki Y, Tomita R et al. 940 Disease Site and Processing Engine Affect Radiation Exposure Dose during Ercp. Gastrointestinal endoscopy 2018; 87: AB137

  1. Hayashi S, Takenaka M, Hosono M et al. Radiation exposure during image-guided endoscopic procedures: The next quality indicator for endoscopic retrograde cholangiopancreatography. World Journal of Clinical Cases 2018; 6: 1087-1093
  2. Hayashi S, Nishida T, Matsubara T et al. Radiation exposure dose and influencing factors during endoscopic retrograde cholangiopancreatography. PloS one 2018; 13: e0207539
  3. Hayashi S, Nishida T, Adachi S et al. Collagenous gastritis: a rare disease with distinctive endoscopic findings. Gastrointestinal endoscopy 2018, DOI: 10.1016/j.gie.2018.02.013:
  4. Hayashi S, Nakamatsu D, Matsubara T et al. Burden of health-care costs for patients with heparin replacement for colorectal EMR in Japan. Pharmacol Res Perspect 2017; 5:
  5. Hayashi S, Nishida T, Shimakoshi H et al. Combination of two-hour post-endoscopic retrograde cholangiopancreatography amylase levels and cannulation times is useful for predicting post-endoscopic retrograde cholangiopancreatography pancreatitis. World journal of gastrointestinal endoscopy 2016; 8: 777-784
  6. 林 史郎(豊中市立豊中病院 消化器内科), 山本 克己, 市場 誠ら. 当院における悪性噴門部狭窄に対する逆流防止弁付食道ステントの治療成績. 市立豊中病院医学雑誌 (1345-9317)14巻 Page37-41(2014.03)

(共著)

  1. Yamamoto K, Tanaka K, Hayashi S et al. A novel handmade "multi-bending endoscope system" for endoscopic submucosal dissection of difficult-to-approach superficial gastric neoplasms. Endoscopy 2019, DOI: 10.1055/a-0820-1824:
  2. Urabe M, Nishida T, Shimakoshi H et al. Distinct Clinical Factors in Hospitalized Patients with Diverticular Bleeding and Diverticulitis. Digestion 2018, DOI: 10.1159/000491875: 1-8
  3. Amano T, Nishida T, Shimakoshi H et al. Number of polyps detected is a useful indicator of quality of clinical colonoscopy. Endoscopy international open 2018; 6: E878-E884
  4. Amano T, Matsubara T, Nishida T et al. Clinically diagnosed late-onset fulminant Wilson's disease without cirrhosis: A case report. World journal of gastroenterology : WJG 2018; 24: 290-296
  5. Amano T, Hayashi S, Nishida T et al. Alveolar Echinococcosis Mimicking a Hepatic Neoplasm with Lymph Node Metastasis: A Case Report. Case Reports in Gastroenterology 2018, DOI: 10.1159/000492461: 587-596
  6. Tsujii Y, Hayashi Y, Kawai N et al. Risk of perforation in balloon dilation associated with steroid injection for preventing esophageal stricture after endoscopic submucosal dissection. Endoscopy international open 2017; 5: E573-E579
  7. Tamura H, Saiki H, Amano T et al. Esophageal carcinoma originating in the surface epithelium with immunohistochemically proven esophageal gland duct differentiation: A case report. World journal of gastroenterology : WJG 2017; 23: 3928-3933
  8. Matsubara T, Nishida T, Shimoda A et al. The combination of anti-HBc and anti-HBs levels is a useful predictor of the development of chemotherapy-induced reactivation in lymphoma patients with resolved HBV infection. Oncology letters 2017; 14: 6543-6552
  9. Yoshihara T, Tomimaru Y, Tanaka K et al. [Afferent Loop Syndrome after Hepatobiliary and Pancreatic Surgery Successfully Treated with Percutaneous Drainage]. Gan to kagaku ryoho Cancer & chemotherapy 2016; 43: 1896-1898
  10. Saiki H, Nishida T, Yamamoto M et al. Frequency of coexistent carcinoma in sessile serrated adenoma/polyps and traditional serrated adenomas removed by endoscopic resection. Endoscopy international open 2016; 4: E451-458
  11. Matsubara T, Nishida T, Tomimaru Y et al. Histological complete response in a patient with advanced biliary tract cancer treated by gemcitabine/cisplatin/S-1 combination chemotherapy: A case report. Mol Clin Oncol 2016; 5: 757-761
  12. Hokonohara K, Noda T, Hatano H et al. Tubular adenoma of the common bile duct with uptake in (18)F-FDG PET: A case report. Mol Clin Oncol 2016; 4: 35-38
  13. Yamamoto K, Hayashi S, Saiki H et al. Endoscopic submucosal dissection for large superficial colorectal tumors using the "clip-flap method". Endoscopy 2015; 47: 262-265
  14. Yamamoto K, Hayashi S, Nishida T et al. Effective use of the "clip-flap" method for the endoscopic submucosal dissection of a difficult-to-approach superficial gastric tumor. Endoscopy 2015; 47 Suppl 1 UCTN: E318-319
  15. Takagi W, Yamamoto K, Amano T et al. Colon adenocarcinoma with dome-like phenotype: characteristic endoscopic ultrasonography (EUS) findings. Endoscopy international open 2015; 3: E359-362
  16. Nishida T, Kato M, Yoshio T et al. Endoscopic submucosal dissection in early gastric cancer in elderly patients and comorbid conditions. World journal of gastrointestinal endoscopy 2015; 7: 524-531
  17. Hata T, Hayashi S, Miyake M et al. Safety and efficacy of palliative colorectal stent placement using a nasal endoscope technique. Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques 2015; 25: 262-265
  18. Nakabori T, Yamamoto K, Hayashi S et al. [A case of exfoliative esophagitis caused by endoscopic submucosal dissection during imatinib treatment for gastrointestinal stromal tumor]. Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology 2013; 110: 630-638
  19. Yoshinami T, Ichiba M, Hayashi S et al. [A bowel perforation with metallic stent placement for advanced rectal cancer during bevacizumab-based chemotherapy]. Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology 2010; 107: 625-631

vision
理念

1. 患者様の立場で相手の気持ちをくむ

2. 地域に根ざし医療全体への貢献

3. 楽しく働けてこそ、 優しく接することができる

「もしも自分だったら、もしも自分の親兄弟だったら」の感覚を持ち続け、患者様個々の状況や希望にできるだけ答えることのできる医療を行い、相手の立場になり、一人ひとりに順応できるクリニックを目指します。

 

学会や研究会への積極的な参加、発表を行うことで、最新の医療知識を得ることができ、患者様へも還元することができると考えています。

クリニックという小さな現場から医療全体への提言ができるかもしれない。

学ぶ心を持ち続けたいと思っています。

 

働いているスタッフが自信をもって、勧めることができるクリニックを目指します。

健都はやしクリニックロゴマーク

JR岸辺駅より連絡デッキでクリニックモールに直結

駐車場あり(3F・4F)

健都はやしクリニック

院長 林 史郎

tel.06-6384-6000

〒564-0018
大阪府吹田市岸部新町5番45号
ビエラ岸辺健都2F

健都はやしクリニック診療時間
午前診9:00~12:00
内視鏡検査9:00~3:00
午後診5:00~7:00
休診日:木曜・土曜の午後、日曜・祝日
内視鏡検査 要予約
健都はやしクリニックマップ